国際ワークショップのご案内

更新日:2018年12月13日

国際ワークショップ

「名古屋議定書時代におけるインドネシアとの遺伝資源利用共同研究のあり方」


国立遺伝学研究所ABS学術対策チームでは、文部科学省指導の下、生物多様性条約及び名古屋議定書に対応した大学・学術研究機関への啓発と対応体制構築の支援活動を行っております。その啓発活動の一環として、毎年、当チーム主催で国際ワークショップを開催しております。

 本年は、日本とインドネシアの生物資源を利用した共同学術研究やABS制度に長年携わっている専門家をお招きし、インドネシアとの共同研究と遺伝資源へのアクセスと利益配分のあり方について生物多様性条約の観点から議論及び意見交換する場として2016年3月10日(木)にワークショップを開催いたします。


ワークショップ「海洋遺伝資源のアクセスと利益配分のあり方」

日時:2016年3月10日(木)13時~17時20分(受付12時40分~)

場所:AP東京八重洲通り 7階Pルーム

URL:http://nigchizai.moon.bindcloud.jp/indonesia2016/index.html


詳細およびお申込みについては、上記URLまでアクセスください。



最新記事

すべて表示

JASTE32の優秀発表賞は以下の方々に授与されることに決まりました。 この他にも多くの質の高い発表があり、発表者全員に感謝を申し上げます。 JASTE office has selected the following three presentations as Best Presentation Award at JASTE32. We had many other excellent p

① 助成対象 ・主にアジア・太平洋地域の途上国における野生動植物の保護や生態系の保全に貢献する調査研究を助成します。 ・対象者:40歳未満で前述の地域・国に国籍を持ち、現在対象国内の大学・研究機関で研究に従事し、相応の研究業績を持つ研究者(プロジェクト・サイエンティスト:PS)。 ・調査研究は、日本の大学・研究機関等に所属経験を持つ研究者で、プロジェクトを通じてPSの研究を指導・支援し、PS

公益信託四方(しかた)記念地球環境保全研究助成基金 ①助成の対象: 1) 熱帯雨林の減少、砂漠化の進行等の地球規模の自然環境問題に関する調査・研究 2) 絶滅のおそれのある生物等の生態及びその保護・回復に関する調査・研究 3) 人間の生活と両立する自然環境、野生生物等の管理手法に関する調査・研究 ②助成内容:4件程度、助成総額200万円程度 ③応募締切:2022年6月3日(金)当日消印有効 ④申込