国際ワークショップのご案内

最終更新: 2018年12月13日

国際ワークショップ

「名古屋議定書時代におけるインドネシアとの遺伝資源利用共同研究のあり方」


国立遺伝学研究所ABS学術対策チームでは、文部科学省指導の下、生物多様性条約及び名古屋議定書に対応した大学・学術研究機関への啓発と対応体制構築の支援活動を行っております。その啓発活動の一環として、毎年、当チーム主催で国際ワークショップを開催しております。

 本年は、日本とインドネシアの生物資源を利用した共同学術研究やABS制度に長年携わっている専門家をお招きし、インドネシアとの共同研究と遺伝資源へのアクセスと利益配分のあり方について生物多様性条約の観点から議論及び意見交換する場として2016年3月10日(木)にワークショップを開催いたします。


ワークショップ「海洋遺伝資源のアクセスと利益配分のあり方」

日時:2016年3月10日(木)13時~17時20分(受付12時40分~)

場所:AP東京八重洲通り 7階Pルーム

URL:http://nigchizai.moon.bindcloud.jp/indonesia2016/index.html


詳細およびお申込みについては、上記URLまでアクセスください。



最新記事

すべて表示

JASTE31広島大会のオンライン開催

現地参加とオンライン参加の両方が可能な「ハイブリッド大会」として予定しておりました、第31回日本熱帯生態学会年次大会(JASTE31広島大会 6月26-27日)につきまして、現在の新型コロナウイルス感染症の再拡大と首都圏・関西圏における緊急事態宣言の発令を勘案して、広島での現地開催を中止とし、完全オンライン大会として開催することに決定いたしました。 オンライン大会となりましても、予定しておりました

JASTE31広島大会の参加登録受付開始:Registration for JASTE31 Hiroshima is now open

JASTE31広島大会(2021年6月26~27日)の参加登録受付を開始しました。 本大会は現地参加とオンライン参加の両方が可能なハイブリッド型開催を予定しております。 詳細は下記大会ウェブサイトをご覧ください。 https://jaste31.hiroshima-u.ac.jp/index.html また、参加登録は下記のGoogle formから行ってください。 https://docs.go