JICA研修最終成果発表会のお知らせ

JICA研修最終成果発表会

「持続的森林管理及びREDDに向けた国家森林モニタリングシステム整備のための人材育成コース」


独立行政法人国際協力機構(JICA)では、来る8月4日(木)に、「持続的森林管理及びREDD+に向けた国家森林モニタリングシステム(NFMS)整備のための人材育成」研修の成果発表会を開催いたします。


 昨年末にパリ協定が採択されたことにより、途上国における森林減少・劣化対策等(REDD+)の議論は実践の段階に進みつつあるといえます。こうした中、JICAでは、途上国の持続的な森林管理やREDD+実施の基礎となる、森林面積等の情報収集体制整備の支援の一環として、6月から約2ヶ月、10ヶ国12名を受け入れて研修を行ってきました。


 成果発表会では、研修で学んだことを活用し、研修生が自分の国でどのように国家森林モニタリングシステムを構築すべきか考えた「アクションプラン」を発表します。途上国の持続的森林管理の現状やREDD+のための森林モニタリングにご関心をお持ちの皆様の成果発表会への参加を心よりお待ちしております。


日 時: 2016年8月4日(木) 13:00~16:30

場 所: JICA東京(東京都渋谷区西原2-49-5

(京王線幡ヶ谷駅又は地下鉄千代田線代々木上原駅)


プログラム:

13:00~ 開会挨拶

13:15~ セッション1:ボツワナ、PNG、DRC(12分/国)のちに質疑応答20分

14:20~ セッション2:マラウイ、ケニア、ミャンマー、カンボジア(12分/国) のちに質疑応答20分

15:40~ セッション3:ブラジル、インドネシア、ペルー(12分/国)のちに質疑応答20分

16:25~  閉会挨拶

申 込:下記「申込フォーム」からログインして、必要事項をご記入のうえ、お申込み下さい https://business.form-mailer.jp/fms/e087f19258139


詳 細:http://www.jifpro.or.jp/News/disclusure_News/Event_2016_001.html


問い合わせ先:国際緑化推進センター (担当:佐野) 電話:03-5689-3450 / E-mail: emiko@jifpro.or.jp


最新記事

すべて表示

JASTE31の優秀発表賞/Best Presentation Award at JASTE31

JASTE31の優秀発表賞受賞者が決まりました Winners of the Best Presentation Award at JASTE31 JASTE31の優秀発表賞は以下の方々に授与されることに決まりました。 この他にも多くの質の高い発表があり、発表者全員に感謝を申し上げます。 JASTE office has selected the following three presentat

公募情報(九州大学熱帯農学研究センター 国際開発部門 教授)

1.選考方針 九州大学熱帯農学研究センターは、学内共同教育研究施設の一つで、熱帯農業に関する研究・教育・国際協力を行うことを目的に、熱帯作物・環境部門、地水・環境保全部門、国際開発部門の3部門で活動しています。このたび、教授の公募を行う国際開発部門では、熱帯地域における国際農林業・農村開発、森林環境・地球環境の保全に関する研究を行い、大学院地球社会統合科学府の修士課程と博士後期課程の教育に参画する

京都大学東南アジア地域研究研究所の環境共生研究部門准教授の公募

京都大学(東南アジア地域研究研究所)では、下記のとおり、教員(准教授)を公募いたします。 職種:准教授 募集人員:1名 勤務場所:京都大学東南アジア地域研究研究所 環境共生研究部門(所在地:京都市左京区吉田下阿達町46) 職務内容:東南アジア地域研究研究所の研究ミッションの遂行に責任を持ってあたっていただきます。 応募資格: 1) 博士の学位を取得している女性(※)。 2)令和4年3月31日時点で