長尾自然環境財団平成30年度研究者育成支援プログラム

最終更新: 2018年12月11日

長尾自然環境財団が実施している、アジア・太平洋地域の途上国における研究者育成支援プログラム(通称:CGF プログラム;NEF Commemorative Grant Fund for Capacity Building of Young Scientists)で、平成30年度の申請書の受付が始まりました。


CGF プログラムの概要は、次のとおりです。


① 主にアジア・太平洋地域の途上国における野生動植物の保護や生態系の保全に貢献する調査研究を助成します。対象者は40歳未満で前述の地域・国に国籍を持ち、現在対象国内の研究機関で研究に従事し、相応の研究業績を持つ研究者(プロジェクト・サイエンティスト:PS)です。PSの研究を理解し、PSの所属機関等とも協力が可能であり、かつPSを指導する日本の研究機関等に所属経験を持つ研究者(プロジェクト・コーディネータ:PC)との共同提案とします。

② 1件当たり150万円(2年間)を上限にPSの研究費が支援されます。ただし、PC が PS の研究を指導・支援するために行う調査地への旅費(交通費、滞在費、食費など)は、別途支給されます。

③ 締め切りは年2回です。第1回:平成30年7月31日必着、第2回:平成31年1月31日必着

④ CGF プログラムの詳細は、公益財団法人長尾自然環境財団ウェブサイトに掲載されています。

日本語:http://www.nagaofoundation.or.jp/

English:http://www.nagaofoundation.or.jp/e/index.html

最新記事

すべて表示

JASTE31の優秀発表賞/Best Presentation Award at JASTE31

JASTE31の優秀発表賞受賞者が決まりました Winners of the Best Presentation Award at JASTE31 JASTE31の優秀発表賞は以下の方々に授与されることに決まりました。 この他にも多くの質の高い発表があり、発表者全員に感謝を申し上げます。 JASTE office has selected the following three presentat

公募情報(九州大学熱帯農学研究センター 国際開発部門 教授)

1.選考方針 九州大学熱帯農学研究センターは、学内共同教育研究施設の一つで、熱帯農業に関する研究・教育・国際協力を行うことを目的に、熱帯作物・環境部門、地水・環境保全部門、国際開発部門の3部門で活動しています。このたび、教授の公募を行う国際開発部門では、熱帯地域における国際農林業・農村開発、森林環境・地球環境の保全に関する研究を行い、大学院地球社会統合科学府の修士課程と博士後期課程の教育に参画する

京都大学東南アジア地域研究研究所の環境共生研究部門准教授の公募

京都大学(東南アジア地域研究研究所)では、下記のとおり、教員(准教授)を公募いたします。 職種:准教授 募集人員:1名 勤務場所:京都大学東南アジア地域研究研究所 環境共生研究部門(所在地:京都市左京区吉田下阿達町46) 職務内容:東南アジア地域研究研究所の研究ミッションの遂行に責任を持ってあたっていただきます。 応募資格: 1) 博士の学位を取得している女性(※)。 2)令和4年3月31日時点で