top of page

長尾自然環境財団平成30年度研究者育成支援プログラム

更新日:2018年12月11日

長尾自然環境財団が実施している、アジア・太平洋地域の途上国における研究者育成支援プログラム(通称:CGF プログラム;NEF Commemorative Grant Fund for Capacity Building of Young Scientists)で、平成30年度の申請書の受付が始まりました。


CGF プログラムの概要は、次のとおりです。


① 主にアジア・太平洋地域の途上国における野生動植物の保護や生態系の保全に貢献する調査研究を助成します。対象者は40歳未満で前述の地域・国に国籍を持ち、現在対象国内の研究機関で研究に従事し、相応の研究業績を持つ研究者(プロジェクト・サイエンティスト:PS)です。PSの研究を理解し、PSの所属機関等とも協力が可能であり、かつPSを指導する日本の研究機関等に所属経験を持つ研究者(プロジェクト・コーディネータ:PC)との共同提案とします。

② 1件当たり150万円(2年間)を上限にPSの研究費が支援されます。ただし、PC が PS の研究を指導・支援するために行う調査地への旅費(交通費、滞在費、食費など)は、別途支給されます。

③ 締め切りは年2回です。第1回:平成30年7月31日必着、第2回:平成31年1月31日必着

④ CGF プログラムの詳細は、公益財団法人長尾自然環境財団ウェブサイトに掲載されています。

日本語:http://www.nagaofoundation.or.jp/

English:http://www.nagaofoundation.or.jp/e/index.html

最新記事

すべて表示

事務局通信 JASTE33のお知らせ 長期観測資料による森林動態解析法:雨林構成種群の動きを捉える 米田 健 「第20回男女共同参画学協会連絡会シンポジウム」参加報告 四方 篝 https://www.jaste.website/nl

京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科アフリカ地域研究専攻 助教1名 募集 ・サハラ以南アフリカ地域の自然・社会・文化を対象として、フィールドワークにもとづく地域研究と大学院教育を推進できる ・博士号を有し、博士号取得後 7 年以内(2023年4月1日時点)であること。 雇用期間:2023年4月1日以降できるだけ早い時期。雇用日から5年。再任なし。 応募締切:2022年11月30日(必着

bottom of page