森林の長期観測プロットに関する国際ワークショップ

更新日:2018年12月14日

森林の長期観測プロットに関する国際ワークショップの案内


11月1日(日)に森林生態学、群集生態学の大家であるハッベル博士を招いて、FDP(Forest Dynamics Plot)に関する国際ワークショップ「Future direction for ecological studies of forests by the global FDP network」を開催いたします。


日時:2015年11月1日(日)13:00-17:00

会場:東京都港区新橋1-18-1 航空会館 501会議室 

   会場アクセス http://kokukaikan.com/about/access

主催:国立研究開発法人 森林総合研究所

後援:日本森林学会、日本熱帯生態学会

参加費:無料

問い合わせ:正木隆(森林総研)mail: masaki@ffpri.affrc.go.jp tel: 029-829-8222(直通)


事前にご登録を行っていただく必要はございません。ただ会場の大きさの都合(最大150人収容)により入場できない場合がある点、ご承知いだければと思います。


プログラムは以下の通りです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

Future direction for ecological studies of forests by the global FDP network


12:50-

開場


13:00-13:10

田中浩(森林総研)

Opening remark


・Keynote lecture

13:10-14:10

Stephen P. Hubbell (UCLA)

Stochastic and Deterministic Dynamics of a Neotropical Forest


・Scientific session

14:10-14:50

正木隆(森林総研)

Tree population dynamics assessed by FDPs in Japan


14:50-15:10

休憩


15:10-15:50

中川弥智子(名古屋大)、伊東明(大阪市大)

Forest dynamics studies in and around Lambir Hills National Park


15:50-16:30

久保田康弘(琉球大)

Role of species filtering and dispersal in tree communities: revealing

trait and phylogenetic assembly with multi-source integration of forest

ecological data


・Panel discussion(司会:田中浩)

16:30-17:00

S. P. Hubbell, 正木隆, 中川弥智子, 久保田康弘

---------------------------------------------------------------------------------------------------

最新記事

すべて表示

JASTE32の優秀発表賞は以下の方々に授与されることに決まりました。 この他にも多くの質の高い発表があり、発表者全員に感謝を申し上げます。 JASTE office has selected the following three presentations as Best Presentation Award at JASTE32. We had many other excellent p

① 助成対象 ・主にアジア・太平洋地域の途上国における野生動植物の保護や生態系の保全に貢献する調査研究を助成します。 ・対象者:40歳未満で前述の地域・国に国籍を持ち、現在対象国内の大学・研究機関で研究に従事し、相応の研究業績を持つ研究者(プロジェクト・サイエンティスト:PS)。 ・調査研究は、日本の大学・研究機関等に所属経験を持つ研究者で、プロジェクトを通じてPSの研究を指導・支援し、PS

公益信託四方(しかた)記念地球環境保全研究助成基金 ①助成の対象: 1) 熱帯雨林の減少、砂漠化の進行等の地球規模の自然環境問題に関する調査・研究 2) 絶滅のおそれのある生物等の生態及びその保護・回復に関する調査・研究 3) 人間の生活と両立する自然環境、野生生物等の管理手法に関する調査・研究 ②助成内容:4件程度、助成総額200万円程度 ③応募締切:2022年6月3日(金)当日消印有効 ④申込