top of page

国際セミナー「森林による防災・減災の可能性をさぐる」(2021年1月27日、会場&オンライン)

森林による自然災害リスクの低減(Forest Disaster Risk Reduction, F-DRR)の戦略・実践の国際的動向について情報を提供し、具体的な政策、技術及び課題について議論する国際セミナーが開催されます(主催:森林総合研究所)。

多くの方のご参加をお待ちしております。


リンク(外部サイト)よりお申込みください。

https://forms.gle/d8wVynedjtW5hyVd9



マングローブの根系による海岸浸食の防止

日時:2021年1月27日(水)15:00~17:30(開場14:30)

開催方法:会場とオンラインを併用

場所:日比谷国際ビルコンファレンススクエア(https://hibikoku.tokyo/access/


プログラム:

1.基調講演:浅野透(森林総合研究所理事長)

2.セッション①:「F-DRRの戦略・実践の国際的動向」

・水野理(地球環境戦略研究機関(IGES))

・トーマス・ホファー(国連食糧農業機関(FAO))

・マンズル・クマル・ハザリカ(アジア工科大学(AIT))

3.セッション②:「各国の政策的・技術的取り組みと課題」

・フー・タン・フォン(ベトナム森林科学アカデミー(VAFS))

・シ・トゥ・アウン(ミャンマー森林局)

・岡本隆(森林総合研究所)

4.パネルディスカッション


定員:会場30名(先着順)、オンライン200名 参加費:無料


詳細は、森林総合研究所「REDDプラス・海外森林防災研究開発センター」のウェブサイトをご覧下さい。(http://redd.ffpri.affrc.go.jp/events/seminars/2021/20210127_ja.html

最新記事

すべて表示

事務局通信 JASTE33のお知らせ 長期観測資料による森林動態解析法:雨林構成種群の動きを捉える 米田 健 「第20回男女共同参画学協会連絡会シンポジウム」参加報告 四方 篝 https://www.jaste.website/nl

京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科アフリカ地域研究専攻 助教1名 募集 ・サハラ以南アフリカ地域の自然・社会・文化を対象として、フィールドワークにもとづく地域研究と大学院教育を推進できる ・博士号を有し、博士号取得後 7 年以内(2023年4月1日時点)であること。 雇用期間:2023年4月1日以降できるだけ早い時期。雇用日から5年。再任なし。 応募締切:2022年11月30日(必着

bottom of page