公開セミナー「森林ビジネスの可能性-持続可能な森林管理とビジネスの両立を目指して-」のお知らせ

森林は、気候変動対策に加えて、木材、食糧、燃料、薬などの生産など様々な機能をもっています。しかし、世界の森林は、毎年520 万ヘクタール、日本の面積の約14%に等しい規模で減少していると言われています。森林保全や森林の持続的な利用は、今日の大きな課題です。


こうした中、森林保全や森林の持続的な利用と両立する、林産物を用いた森林ビジネスが注目されています。森林ビジネスによって、森林保全、森林の経済価値の向上や地域住民の生計向上などの多様な効果が期待されます。

国際緑化推進センターでは、林野庁の補助事業により、森林減少が懸念される途上国を対象として、ビジネス化の可能性がある林産物の発掘、市場のニーズ把握、加工法の改善等を調査し、ビジネスモデルを提案しています。

(途上国森林ビジネスデータベースBFPRO: http://jifpro.or.jp/bfpro/)


こうした森林ビジネスは、ビジネス効果だけでなく森林保全や地域住民の生計向上などの多様な効果が期待されます。本セミナーでは、森林ビジネス製品の魅力や強み、ビジネス化にあたっての課題と解決策など、森林ビジネスのビジネスモデルを紹介します。


また、5年間の森林ビジネスモデル推進事業の最終年度に当たる今年は、総括として民間企業の視点から、収益事業としての森林ビジネスの継続とさらなる展開、事業規模拡大に向けての課題について、企業経営、持続可能 マーケティング等の視点からパネルディスカッションを行っていただく予定です。


日時:令和2年2月20日(木)14:00~17:00


会場:ベルサール飯田橋駅前 Room1

「飯田橋駅」A2出口徒歩2分(東西線・有楽町線・南北線・大江戸線)

「飯田橋駅」東口徒歩3分(JR線)


定員:70名

費用:無料

登録:以下のリンク先の申込フォームを利用してください。


https://jifpro.or.jp/infomation/3425/


お問い合わせ:

担当:藤村(健)・佐野

TEL 03-5689-3450 / FAX 03-5689-3360

MAIL kenji@jifpro.or.jp

最新記事

すべて表示

公益財団法人長尾自然環境財団 2021年度研究者育成支援プログラム(CGFプログラム)公募案内

① 助成対象 主にアジア・太平洋地域の途上国における野生動植物の保護や生態系の保全に貢献する調査研究を助成します。対象者は40歳未満で前述の地域・国に国籍を持ち、現在対象国内の大学・研究機関で研究に従事し、相応の研究業績を持つ研究者(プロジェクト・サイエンティスト:PS)です。調査研究は、日本の大学・研究機関等に所属経験を持つ研究者で、プロジェクトを通じてPSの研究を指導・支援し、PSの所属機関等

ニューズレター123号公開

JASTE31最終案内 書評 森のつくられかた―移りゆく人間と自然のハイブリッド― 小池孝良 https://www.jaste.website/nl

【業務委託先の公募】森林再生技術開発に係る調査業務:国際緑化推進センター

国際緑化推進センター(JIFPRO)では、林野庁の補助事業にて、標記の業務委託を公募します。詳細は以下のURL及び下記をご覧下さい。 https://jifpro.or.jp/public_offering/5152/ ---------- 令和3年度 途上国森林再生技術普及事業 森林再生技術開発に係る調査業務 業務委託先の公募 1.背景・目的 森林の減少及び劣化に由来する排出量が全世界の排出総量