公開セミナー「森林ビジネスの可能性-持続可能な森林管理とビジネスの両立を目指して-」のお知らせ

森林は、気候変動対策に加えて、木材、食糧、燃料、薬などの生産など様々な機能をもっています。しかし、世界の森林は、毎年520 万ヘクタール、日本の面積の約14%に等しい規模で減少していると言われています。森林保全や森林の持続的な利用は、今日の大きな課題です。


こうした中、森林保全や森林の持続的な利用と両立する、林産物を用いた森林ビジネスが注目されています。森林ビジネスによって、森林保全、森林の経済価値の向上や地域住民の生計向上などの多様な効果が期待されます。

国際緑化推進センターでは、林野庁の補助事業により、森林減少が懸念される途上国を対象として、ビジネス化の可能性がある林産物の発掘、市場のニーズ把握、加工法の改善等を調査し、ビジネスモデルを提案しています。

(途上国森林ビジネスデータベースBFPRO: http://jifpro.or.jp/bfpro/)


こうした森林ビジネスは、ビジネス効果だけでなく森林保全や地域住民の生計向上などの多様な効果が期待されます。本セミナーでは、森林ビジネス製品の魅力や強み、ビジネス化にあたっての課題と解決策など、森林ビジネスのビジネスモデルを紹介します。


また、5年間の森林ビジネスモデル推進事業の最終年度に当たる今年は、総括として民間企業の視点から、収益事業としての森林ビジネスの継続とさらなる展開、事業規模拡大に向けての課題について、企業経営、持続可能 マーケティング等の視点からパネルディスカッションを行っていただく予定です。


日時:令和2年2月20日(木)14:00~17:00


会場:ベルサール飯田橋駅前 Room1

「飯田橋駅」A2出口徒歩2分(東西線・有楽町線・南北線・大江戸線)

「飯田橋駅」東口徒歩3分(JR線)


定員:70名

費用:無料

登録:以下のリンク先の申込フォームを利用してください。


https://jifpro.or.jp/infomation/3425/


お問い合わせ:

担当:藤村(健)・佐野

TEL 03-5689-3450 / FAX 03-5689-3360

MAIL kenji@jifpro.or.jp

最新記事

すべて表示

公益信託四方(しかた)記念地球環境保全研究助成基金 ①助成の対象: 1) 熱帯雨林の減少、砂漠化の進行等の地球規模の自然環境問題に関する調査・研究 2) 絶滅のおそれのある生物等の生態及びその保護・回復に関する調査・研究 3) 人間の生活と両立する自然環境、野生生物等の管理手法に関する調査・研究 ②助成内容:4件程度、助成総額200万円程度 ③応募締切:2022年6月3日(金)当日消印有効 ④申込

九州大学では標記の研究者を公募しています(2022年4月6日~5月31日)。 1. 職:助教 2. 人数:1名 3. 所属:九州大学 大学院農学研究院 環境農学部門 森林環境科学講座 森林計画学研究分野 4. 応募締切日:令和4年5月31日(火)必着 5. 採用予定日:令和4年10月1日以降の可能な限り早い時期 6. 詳細が掲載されているURL:https://

このたび、JASTE若手会員により構成される「若手イノベーション委員会」のウェブサイトを設立しました。今後は本ウェブサイトを中心として、若手会員の交流、本学会の活性化につながるような事業を企画、実行したいと考えておりますので、ご支援のほどよろしくお願い致します。今後、オンライン交流会の開催や写真コンテンツの共有ページの作成などを企画しています。 https://jastewakateinnovat