ボルネオの環境問題を見て考える全国学生ツアー

■「ボルネオの環境問題を見て考える全国学生ツアー」 のご案内


主催:SATREPSプロジェクト「インドネシアの泥炭・森林における火災と炭素管理」


泥炭火災は二酸化炭素の排出に関して現在ホットな環境問題となっています.本ツアーではオランウータンを始めとする希少な生物の保護や、熱帯泥炭地の火災研究で世界的に注目を集めるカリマンタン(インドネシア領ボルネオ島)を視察します.学生や教員を主な対象としておりますが,企業の方や研究者の方も歓迎いたします.


研修日時:2012 年 3月3~9日(7 日間)

目的地:インドネシア中央カリマンタン州パランカラヤ市周辺

募集締め切り:2012 年1 月13日(金) *締め切り後も受付可能な場合があります.お気軽にお問い合わせください.

対象:全国の大学生,大学院生,教職員(企業,研究所の方も歓迎)

定員:15 名(原則申し込み先着順)

集合: 3月3日(7:00)成田空港集合,解散:3月9日(7:00)成田空港

参加費用:合計15 万円(国際・国内航空運賃,旅行傷害保険,宿泊費,食費・現地移動費込),その他 入国ビザと空港使用料併せて4,500円程度が現地で必要です.


申し込み・お問い合わせ先:

 〒060-0809 札幌市北区北9条西8丁目

 北海道大学サステイナビリティ学教育研究センター(CENSUS)

 塩寺さとみ  Tel: 011-706-4536,Fax:011-706-4534,Email:sshio@census.hokudai.ac.jp

 ツアーに関する URL:http://web.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~k_yama/kaltengtour/

最新記事

すべて表示

JASTE31の優秀発表賞/Best Presentation Award at JASTE31

JASTE31の優秀発表賞受賞者が決まりました Winners of the Best Presentation Award at JASTE31 JASTE31の優秀発表賞は以下の方々に授与されることに決まりました。 この他にも多くの質の高い発表があり、発表者全員に感謝を申し上げます。 JASTE office has selected the following three presentat

公募情報(九州大学熱帯農学研究センター 国際開発部門 教授)

1.選考方針 九州大学熱帯農学研究センターは、学内共同教育研究施設の一つで、熱帯農業に関する研究・教育・国際協力を行うことを目的に、熱帯作物・環境部門、地水・環境保全部門、国際開発部門の3部門で活動しています。このたび、教授の公募を行う国際開発部門では、熱帯地域における国際農林業・農村開発、森林環境・地球環境の保全に関する研究を行い、大学院地球社会統合科学府の修士課程と博士後期課程の教育に参画する

京都大学東南アジア地域研究研究所の環境共生研究部門准教授の公募

京都大学(東南アジア地域研究研究所)では、下記のとおり、教員(准教授)を公募いたします。 職種:准教授 募集人員:1名 勤務場所:京都大学東南アジア地域研究研究所 環境共生研究部門(所在地:京都市左京区吉田下阿達町46) 職務内容:東南アジア地域研究研究所の研究ミッションの遂行に責任を持ってあたっていただきます。 応募資格: 1) 博士の学位を取得している女性(※)。 2)令和4年3月31日時点で