「The MIDORI Prize for Biodiversity 2016」公募推薦の開始

最終更新: 2018年12月12日

「The MIDORI Prize for Biodiversity 2016」公募推薦の開始について


本年2月15日(土)、公益財団法人イオン環境財団と生物多様性条約事務局の共催による隔年開催の国際賞「The MIDORI Prize for Biodiversity 2016(第4回 生物多様性みどり賞)」の公募推薦が開始されました。


本賞は、生物多様性の保全と持続可能な利用に関し顕著な功績のある個人3名を顕彰するもので、受賞者にはそれぞれ、木製楯、記念品、副賞(10万USドル)が贈られます。


また本賞の授賞式は、生物多様性条約第13回締約国会議にあわせ、メキシコ カンクンにおいて2016年12月に開催される予定です。同月に東京で開催される受賞者フォーラムにおいては、受賞者の記念講演を行います。


本賞候補者の公募推薦は、幅広い層からの受賞者選出を目的とするもので、本賞の公式ウェブサイト「The MIDORI Press」にて受け付けております。詳細はhttp://www.midoripress-aeon.net/をご覧ください。

公募期間は、2016年2月15日(土)~6月30日(木)です。

お問い合わせ midori@socioengine.co.jp  

最新記事

すべて表示

JASTE31の優秀発表賞/Best Presentation Award at JASTE31

JASTE31の優秀発表賞受賞者が決まりました Winners of the Best Presentation Award at JASTE31 JASTE31の優秀発表賞は以下の方々に授与されることに決まりました。 この他にも多くの質の高い発表があり、発表者全員に感謝を申し上げます。 JASTE office has selected the following three presentat

公募情報(九州大学熱帯農学研究センター 国際開発部門 教授)

1.選考方針 九州大学熱帯農学研究センターは、学内共同教育研究施設の一つで、熱帯農業に関する研究・教育・国際協力を行うことを目的に、熱帯作物・環境部門、地水・環境保全部門、国際開発部門の3部門で活動しています。このたび、教授の公募を行う国際開発部門では、熱帯地域における国際農林業・農村開発、森林環境・地球環境の保全に関する研究を行い、大学院地球社会統合科学府の修士課程と博士後期課程の教育に参画する

京都大学東南アジア地域研究研究所の環境共生研究部門准教授の公募

京都大学(東南アジア地域研究研究所)では、下記のとおり、教員(准教授)を公募いたします。 職種:准教授 募集人員:1名 勤務場所:京都大学東南アジア地域研究研究所 環境共生研究部門(所在地:京都市左京区吉田下阿達町46) 職務内容:東南アジア地域研究研究所の研究ミッションの遂行に責任を持ってあたっていただきます。 応募資格: 1) 博士の学位を取得している女性(※)。 2)令和4年3月31日時点で