REDD+参照レベルに関する国際セミナー

REDD+参照レベルに関する国際セミナーの案内(主催:森林総合研究所)


パリで開催されたCOP21では、2020年以降の次期枠組みついての議論がなされました。一方、森林分野から気候変動緩和への貢献が期待されているREDD+についても、参照レベル(REDD+による気候変動緩和貢献を評価するベンチマーク)が各国からUNFCCCへ提出されるなど、UNFCCCの下で実施にむけた動きが本格化してきています。また、それと同時に、自主的な取り組みも進められています。


このセミナーでは、COP21までになされたREDD+に関する議論を振り返りつつ、REDD+ホスト国の参照レベルに関する情報共有、2020年以降の国際的な制度設計と国内体制整備について議論します。


REDDプラスや森林保全活動にご興味がある方は、ぜひご参加ください。


日時:2016年1月28日(木)

場所:東京大学 伊藤謝恩ホール (東京メトロ 本郷三丁目駅より徒歩8分)

話者:マリア・ホセ・サンサンチェス( Basque Centre for Climate Change, Spain)、VCS専門者、FCPF専門家、天野正博(早稲田大学)、矢崎慎介(兼松株式会社)、鈴木圭(日本森林技術協会)ほか


申込:https://business.form-mailer.jp/fms/c104811d47456  (オンライン申込)


詳細:http://redd.ffpri.affrc.go.jp/events/seminars/2016/20160128_ja.html



日英同時通訳

参加費無料


最新記事

すべて表示

JASTE31の優秀発表賞/Best Presentation Award at JASTE31

JASTE31の優秀発表賞受賞者が決まりました Winners of the Best Presentation Award at JASTE31 JASTE31の優秀発表賞は以下の方々に授与されることに決まりました。 この他にも多くの質の高い発表があり、発表者全員に感謝を申し上げます。 JASTE office has selected the following three presentat

公募情報(九州大学熱帯農学研究センター 国際開発部門 教授)

1.選考方針 九州大学熱帯農学研究センターは、学内共同教育研究施設の一つで、熱帯農業に関する研究・教育・国際協力を行うことを目的に、熱帯作物・環境部門、地水・環境保全部門、国際開発部門の3部門で活動しています。このたび、教授の公募を行う国際開発部門では、熱帯地域における国際農林業・農村開発、森林環境・地球環境の保全に関する研究を行い、大学院地球社会統合科学府の修士課程と博士後期課程の教育に参画する

京都大学東南アジア地域研究研究所の環境共生研究部門准教授の公募

京都大学(東南アジア地域研究研究所)では、下記のとおり、教員(准教授)を公募いたします。 職種:准教授 募集人員:1名 勤務場所:京都大学東南アジア地域研究研究所 環境共生研究部門(所在地:京都市左京区吉田下阿達町46) 職務内容:東南アジア地域研究研究所の研究ミッションの遂行に責任を持ってあたっていただきます。 応募資格: 1) 博士の学位を取得している女性(※)。 2)令和4年3月31日時点で