JASTE31広島大会のオンライン開催

現地参加とオンライン参加の両方が可能な「ハイブリッド大会」として予定しておりました、第31回日本熱帯生態学会年次大会(JASTE31広島大会 6月26-27日)につきまして、現在の新型コロナウイルス感染症の再拡大と首都圏・関西圏における緊急事態宣言の発令を勘案して、広島での現地開催を中止とし、完全オンライン大会として開催することに決定いたしました。

オンライン大会となりましても、予定しておりました一般発表(口頭・ポスター)や総会・吉良賞受賞式、公開講演会などは全て開催できるよう準備を進めております。

また、参加者の皆様が自由に交流できるような「場」も設けたいと考えております。

皆さまの奮ってのご参加をお待ちしております。

JASTE31実行委員会

Due to the current re-expansion of COVID-19 in Japan and the state of emergency in Tokyo and Kansai area, we have decided to hold the 31st Annual Meeting of the Japan Society of Tropical Ecology at Hiroshima (26-27th June), which had been planned as a hybrid conference, as totally online conference.

All the planned sessions such as oral and poster presentation, general meeting, Kira award ceremony and public symposium will be held via online.

Also, we are planning to make a “space” where participants can freely communicate each other.

We look forward to seeing you at the online conference!

JASTE31 Executive Committee

最新記事

すべて表示

JASTE32の優秀発表賞は以下の方々に授与されることに決まりました。 この他にも多くの質の高い発表があり、発表者全員に感謝を申し上げます。 JASTE office has selected the following three presentations as Best Presentation Award at JASTE32. We had many other excellent p

① 助成対象 ・主にアジア・太平洋地域の途上国における野生動植物の保護や生態系の保全に貢献する調査研究を助成します。 ・対象者:40歳未満で前述の地域・国に国籍を持ち、現在対象国内の大学・研究機関で研究に従事し、相応の研究業績を持つ研究者(プロジェクト・サイエンティスト:PS)。 ・調査研究は、日本の大学・研究機関等に所属経験を持つ研究者で、プロジェクトを通じてPSの研究を指導・支援し、PS

公益信託四方(しかた)記念地球環境保全研究助成基金 ①助成の対象: 1) 熱帯雨林の減少、砂漠化の進行等の地球規模の自然環境問題に関する調査・研究 2) 絶滅のおそれのある生物等の生態及びその保護・回復に関する調査・研究 3) 人間の生活と両立する自然環境、野生生物等の管理手法に関する調査・研究 ②助成内容:4件程度、助成総額200万円程度 ③応募締切:2022年6月3日(金)当日消印有効 ④申込