[訃報]吉良龍夫先生

本学会初代会長吉良龍夫先生は、病気ご療養中のところ、2011年7月19日午前9時55分、薬石むなしく永眠されました(享年91歳)。誠に悲しみに堪えません。先生は初代会長として8年間、会長退任後は名誉会員として現在まで、長きにわたって私共をお導き下さいました。また、本学会が運営する学会賞・吉良賞は、先生のご拠金に始まります。これまでに頂いた数々のご尽力とお教えに対する感謝を先生の御霊に捧げます。また、御親族の皆様には謹んでお悔やみ申し上げますと共に、会員の皆様にこの悲報をお知らせ致します。

吉良先生の熱帯研究は1941年に今西錦司先生を隊長として行われたミクロネシアのポナペ島の探検調査に始まります。以後、タイ、カンボジア、マレーシアへとその主要調査域は広がりましたが、熱帯域における多くの調査研究においてリーダーの重責を果たされました。先生が得意とされた調査方法は生態学、特に植物の生態地理学に基づくものではありましたが、調査データの解析や成果の解釈に際しては、一貫して熱帯域の全体像の把握に努められました。本学会の誕生とその後の展開は、このような先生の熱帯研究に対する基本姿勢と無縁ではありません。


ここに会員一同を代表し、吉良龍夫先生のご逝去に哀悼の意を表します。



日本熱帯生態学会歴代会長 荻野和彦・山田 勇・山倉拓夫

最新記事

すべて表示

JASTE31の優秀発表賞/Best Presentation Award at JASTE31

JASTE31の優秀発表賞受賞者が決まりました Winners of the Best Presentation Award at JASTE31 JASTE31の優秀発表賞は以下の方々に授与されることに決まりました。 この他にも多くの質の高い発表があり、発表者全員に感謝を申し上げます。 JASTE office has selected the following three presentat

公募情報(九州大学熱帯農学研究センター 国際開発部門 教授)

1.選考方針 九州大学熱帯農学研究センターは、学内共同教育研究施設の一つで、熱帯農業に関する研究・教育・国際協力を行うことを目的に、熱帯作物・環境部門、地水・環境保全部門、国際開発部門の3部門で活動しています。このたび、教授の公募を行う国際開発部門では、熱帯地域における国際農林業・農村開発、森林環境・地球環境の保全に関する研究を行い、大学院地球社会統合科学府の修士課程と博士後期課程の教育に参画する

京都大学東南アジア地域研究研究所の環境共生研究部門准教授の公募

京都大学(東南アジア地域研究研究所)では、下記のとおり、教員(准教授)を公募いたします。 職種:准教授 募集人員:1名 勤務場所:京都大学東南アジア地域研究研究所 環境共生研究部門(所在地:京都市左京区吉田下阿達町46) 職務内容:東南アジア地域研究研究所の研究ミッションの遂行に責任を持ってあたっていただきます。 応募資格: 1) 博士の学位を取得している女性(※)。 2)令和4年3月31日時点で