「第7回日本学術振興会 育志賞」 受賞候補者の推薦依頼

最終更新: 2018年12月12日

日本学術振興会より「第7回日本学術振興会 育志賞」受賞候補者の推薦依頼が来ております。


本賞は、将来、我が国の学術研究の発展に寄与することが期待される優秀な大学院博士課程学生を顕彰するものです。本賞候補者の推薦にあたっては、「論文等の業績のみにとらわれず、将来、我が国の学術研究の発展に寄与することが期待される優秀な者を多様な観点から推薦されること」が申し添えられています。


詳細については、以下のサイトをご覧ください。

http://www.jsps.go.jp/j-ikushi-prize/index.html


ご推薦いただける方がいらっしゃいましたら、記入要領(上記のサイトよりダウンロードできます)の共通事項をご確認の上、以下の2つの様式をダウンロード、作成し、学会事務局宛(jaste.adm@gmail.com)メールにてご提出く

ださい。


なお、様式3は、研究指導者と候補者の研究を理解している研究者が作成するものです。

様式4は、候補者本人が作成するものです。


締切:2016年4月30日(土)

提出書類:

   様式3(日本学術振興会育志賞推薦理由書)

   様式4(日本学術振興会育志賞研究の概要等)

書類送付先:jaste.adm@gmail.com

21:55 | お知らせ

2016/03/07

「The MIDORI Prize for Biodiversity 2016」公募推薦の開始

| by jaste事務局

「The MIDORI Prize for Biodiversity 2016」公募推薦の開始について


本年2月15日(土)、公益財団法人イオン環境財団と生物多様性条約事務局の共催による隔年開催の国際賞「The MIDORI Prize for Biodiversity 2016(第4回 生物多様性みどり賞)」の公募推薦が開始されました。


本賞は、生物多様性の保全と持続可能な利用に関し顕著な功績のある個人3名を顕彰するもので、受賞者にはそれぞれ、木製楯、記念品、副賞(10万USドル)が贈られます。


また本賞の授賞式は、生物多様性条約第13回締約国会議にあわせ、メキシコ カンクンにおいて2016年12月に開催される予定です。同月に東京で開催される受賞者フォーラムにおいては、受賞者の記念講演を行います。


本賞候補者の公募推薦は、幅広い層からの受賞者選出を目的とするもので、本賞の公式ウェブサイト「The MIDORI Press」にて受け付けております。詳細はhttp://www.midoripress-aeon.net/をご覧ください。

公募期間は、2016年2月15日(土)~6月30日(木)です。

お問い合わせ midori@socioengine.co.jp

最新記事

すべて表示

公益信託四方(しかた)記念地球環境保全研究助成基金のお知らせ(5/14締切)

①助成の対象: 1) 熱帯雨林の減少、砂漠化の進行等の地球規模の自然環境問題に関する調査・研究 2) 絶滅のおそれのある生物等の生態及びその保護・回復に関する調査・研究 3) 人間の生活と両立する自然環境、野生生物等の管理手法に関する調査・研究 ②助成内容:3件以内、助成総額150万円まで ※ ※2020年度より、助成総額を100万円増額し150万円としました。 (但し、標準的には1件当たり50万

ニューズレター122号公開

JASTE30 Onlineの開催報告 保坂哲朗 JASTE31のお知らせ 書評 ラップランドの自然と人―リンネのフィールドノートから 小坂康之 書評 木本植物の生理生態 山田俊弘 https://www.jaste.website/nl

国際セミナー「森林による防災・減災の可能性をさぐる」(2021年1月27日、会場&オンライン)

森林による自然災害リスクの低減(Forest Disaster Risk Reduction, F-DRR)の戦略・実践の国際的動向について情報を提供し、具体的な政策、技術及び課題について議論する国際セミナーが開催されます(主催:森林総合研究所)。 多くの方のご参加をお待ちしております。 リンク(外部サイト)よりお申込みください。 (https://forms.gle/d8wVynedjtW5hy

© 2018 The Japan Society of Tropical Ecology