第25回日本熱帯生態学会年次大会の開催報告

第25回日本熱帯生態学会年次大会の開催報告

第25回日本熱帯生態学会実行委員会


京都大学稲盛財団記念館において6月19日〜21日にかけて,JASTE年次大会が開催されました.当日参加者も含めて168名の参加があり,最新の解析技術を使った研究結果から30年以上におよぶ長期調査の報告まで,さまざまな成果が学生からベテランにいたる多数の会員から発表されました.公開シンポジウムでは,4名の演者の方から長期研究の面白さや重要さとともに,研究サイトの地域の人々と社会がたどった25年についても俯瞰的に紹介していただくことができました.公開国際シンポジウムでは,インドネシア,マダガスカル,USAなどから6名の演者を招き,4名のパネリストともに,学会の連携,ネットワーク形成について活発な議論が行なわれました.これらの成果については,次号以降のニューズレターで詳しく報告されます.


本大会での新たな試みとして,熱帯をフィールドとする7つの学会との連携企画も行いました.連携学会の会員を一般発表に受入れるとともに,連携学会から演者を招へいして連携セッションを開催することもできました.今後の学会間連携と領域超越型の協働の端緒となることを期待します.


今年度の吉良賞は2名の会員,保坂哲朗氏と四方篝氏が受賞し,本大会会期中に授賞記念講演が行われました.その後の懇親会ではこの二人の乾杯の音頭で会がスタートしました.また,懇親会においては開催機関の京都大学を代表して,本学会会員でもある山極壽一総長から歓迎のスピーチをいただくことができました.


本大会の実施においては,会員ならびに連携学会のご協力が不可欠でした.厚くお礼申し上げるとともに,皆様のご活躍を祈念しております.ありがとうございました.


最新記事

すべて表示

JASTE31の優秀発表賞/Best Presentation Award at JASTE31

JASTE31の優秀発表賞受賞者が決まりました Winners of the Best Presentation Award at JASTE31 JASTE31の優秀発表賞は以下の方々に授与されることに決まりました。 この他にも多くの質の高い発表があり、発表者全員に感謝を申し上げます。 JASTE office has selected the following three presentat

公募情報(九州大学熱帯農学研究センター 国際開発部門 教授)

1.選考方針 九州大学熱帯農学研究センターは、学内共同教育研究施設の一つで、熱帯農業に関する研究・教育・国際協力を行うことを目的に、熱帯作物・環境部門、地水・環境保全部門、国際開発部門の3部門で活動しています。このたび、教授の公募を行う国際開発部門では、熱帯地域における国際農林業・農村開発、森林環境・地球環境の保全に関する研究を行い、大学院地球社会統合科学府の修士課程と博士後期課程の教育に参画する

京都大学東南アジア地域研究研究所の環境共生研究部門准教授の公募

京都大学(東南アジア地域研究研究所)では、下記のとおり、教員(准教授)を公募いたします。 職種:准教授 募集人員:1名 勤務場所:京都大学東南アジア地域研究研究所 環境共生研究部門(所在地:京都市左京区吉田下阿達町46) 職務内容:東南アジア地域研究研究所の研究ミッションの遂行に責任を持ってあたっていただきます。 応募資格: 1) 博士の学位を取得している女性(※)。 2)令和4年3月31日時点で