第25回日本熱帯生態学会年次大会の開催報告

第25回日本熱帯生態学会年次大会の開催報告

第25回日本熱帯生態学会実行委員会


京都大学稲盛財団記念館において6月19日〜21日にかけて,JASTE年次大会が開催されました.当日参加者も含めて168名の参加があり,最新の解析技術を使った研究結果から30年以上におよぶ長期調査の報告まで,さまざまな成果が学生からベテランにいたる多数の会員から発表されました.公開シンポジウムでは,4名の演者の方から長期研究の面白さや重要さとともに,研究サイトの地域の人々と社会がたどった25年についても俯瞰的に紹介していただくことができました.公開国際シンポジウムでは,インドネシア,マダガスカル,USAなどから6名の演者を招き,4名のパネリストともに,学会の連携,ネットワーク形成について活発な議論が行なわれました.これらの成果については,次号以降のニューズレターで詳しく報告されます.


本大会での新たな試みとして,熱帯をフィールドとする7つの学会との連携企画も行いました.連携学会の会員を一般発表に受入れるとともに,連携学会から演者を招へいして連携セッションを開催することもできました.今後の学会間連携と領域超越型の協働の端緒となることを期待します.


今年度の吉良賞は2名の会員,保坂哲朗氏と四方篝氏が受賞し,本大会会期中に授賞記念講演が行われました.その後の懇親会ではこの二人の乾杯の音頭で会がスタートしました.また,懇親会においては開催機関の京都大学を代表して,本学会会員でもある山極壽一総長から歓迎のスピーチをいただくことができました.


本大会の実施においては,会員ならびに連携学会のご協力が不可欠でした.厚くお礼申し上げるとともに,皆様のご活躍を祈念しております.ありがとうございました.


最新記事

すべて表示

JASTE32の優秀発表賞は以下の方々に授与されることに決まりました。 この他にも多くの質の高い発表があり、発表者全員に感謝を申し上げます。 JASTE office has selected the following three presentations as Best Presentation Award at JASTE32. We had many other excellent p

① 助成対象 ・主にアジア・太平洋地域の途上国における野生動植物の保護や生態系の保全に貢献する調査研究を助成します。 ・対象者:40歳未満で前述の地域・国に国籍を持ち、現在対象国内の大学・研究機関で研究に従事し、相応の研究業績を持つ研究者(プロジェクト・サイエンティスト:PS)。 ・調査研究は、日本の大学・研究機関等に所属経験を持つ研究者で、プロジェクトを通じてPSの研究を指導・支援し、PS

公益信託四方(しかた)記念地球環境保全研究助成基金 ①助成の対象: 1) 熱帯雨林の減少、砂漠化の進行等の地球規模の自然環境問題に関する調査・研究 2) 絶滅のおそれのある生物等の生態及びその保護・回復に関する調査・研究 3) 人間の生活と両立する自然環境、野生生物等の管理手法に関する調査・研究 ②助成内容:4件程度、助成総額200万円程度 ③応募締切:2022年6月3日(金)当日消印有効 ④申込