第2回 ABSに関わる名古屋議定書説明会の開催案内

文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト補助事業の一環として、第2回ABSに関わる名古屋議定書説明会 in 筑波大学・東京キャンパス~イランと近隣諸国におけるABSの現状と将来展望 ~(筑波大学主催、国立遺伝学研究所共催)が開催されます。


わが国では名古屋議定書が発効され、それに関するABS指針も公布されています。筑波大学は、文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)の補助事業の分担機関の一つとして、海外からの遺伝資源取得の支援を進めています。第2回目では、イランと近隣諸国の遺伝資源取得環境の現状等について ご紹介します 。また、国立遺伝学研究所ABS学術対策チームより、遺伝資源の大学での管理のあり方に関する最新の情報をアップデートしてお知らせします。


開催日時:2017年10月11日(水)13:30-15:30

会場:筑波大学東京キャンパス120号室(1階)

詳細については以下のURLをご覧ください。

http://ura.sec.tsukuba.ac.jp/archives/13359

最新記事

すべて表示

JASTE31の優秀発表賞/Best Presentation Award at JASTE31

JASTE31の優秀発表賞受賞者が決まりました Winners of the Best Presentation Award at JASTE31 JASTE31の優秀発表賞は以下の方々に授与されることに決まりました。 この他にも多くの質の高い発表があり、発表者全員に感謝を申し上げます。 JASTE office has selected the following three presentat

公募情報(九州大学熱帯農学研究センター 国際開発部門 教授)

1.選考方針 九州大学熱帯農学研究センターは、学内共同教育研究施設の一つで、熱帯農業に関する研究・教育・国際協力を行うことを目的に、熱帯作物・環境部門、地水・環境保全部門、国際開発部門の3部門で活動しています。このたび、教授の公募を行う国際開発部門では、熱帯地域における国際農林業・農村開発、森林環境・地球環境の保全に関する研究を行い、大学院地球社会統合科学府の修士課程と博士後期課程の教育に参画する

京都大学東南アジア地域研究研究所の環境共生研究部門准教授の公募

京都大学(東南アジア地域研究研究所)では、下記のとおり、教員(准教授)を公募いたします。 職種:准教授 募集人員:1名 勤務場所:京都大学東南アジア地域研究研究所 環境共生研究部門(所在地:京都市左京区吉田下阿達町46) 職務内容:東南アジア地域研究研究所の研究ミッションの遂行に責任を持ってあたっていただきます。 応募資格: 1) 博士の学位を取得している女性(※)。 2)令和4年3月31日時点で