第2回 ABSに関わる名古屋議定書説明会の開催案内

文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト補助事業の一環として、第2回ABSに関わる名古屋議定書説明会 in 筑波大学・東京キャンパス~イランと近隣諸国におけるABSの現状と将来展望 ~(筑波大学主催、国立遺伝学研究所共催)が開催されます。


わが国では名古屋議定書が発効され、それに関するABS指針も公布されています。筑波大学は、文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)の補助事業の分担機関の一つとして、海外からの遺伝資源取得の支援を進めています。第2回目では、イランと近隣諸国の遺伝資源取得環境の現状等について ご紹介します 。また、国立遺伝学研究所ABS学術対策チームより、遺伝資源の大学での管理のあり方に関する最新の情報をアップデートしてお知らせします。


開催日時:2017年10月11日(水)13:30-15:30

会場:筑波大学東京キャンパス120号室(1階)

詳細については以下のURLをご覧ください。

http://ura.sec.tsukuba.ac.jp/archives/13359

最新記事

すべて表示

JASTE31広島大会のオンライン開催

現地参加とオンライン参加の両方が可能な「ハイブリッド大会」として予定しておりました、第31回日本熱帯生態学会年次大会(JASTE31広島大会 6月26-27日)につきまして、現在の新型コロナウイルス感染症の再拡大と首都圏・関西圏における緊急事態宣言の発令を勘案して、広島での現地開催を中止とし、完全オンライン大会として開催することに決定いたしました。 オンライン大会となりましても、予定しておりました

JASTE31広島大会の参加登録受付開始:Registration for JASTE31 Hiroshima is now open

JASTE31広島大会(2021年6月26~27日)の参加登録受付を開始しました。 本大会は現地参加とオンライン参加の両方が可能なハイブリッド型開催を予定しております。 詳細は下記大会ウェブサイトをご覧ください。 https://jaste31.hiroshima-u.ac.jp/index.html また、参加登録は下記のGoogle formから行ってください。 https://docs.go