第1回 ABSに関わる名古屋議定書説明会

第1回 ABSに関わる名古屋議定書説明会

~ 今後の大学での管理のあり方とメキシコ遺伝資源取得対応事例 ~


主催:筑波大学 つくば機能植物イノベーション研究センター(T-PIRC)

遺伝資源・国際共同研究部門

共催:国立遺伝学研究所 ABS学術対策チーム


日時:2017年6月19日(月曜日)14:00-16:00


会場:筑波大学 筑波キャンパス 生物農林学系G棟501  (地図参照)


プログラム:(敬称略)

1. 今後の大学での管理のあり方の概要

国立遺伝学研究所 ABS学術対策チーム 鈴木睦昭

2. メキシコからのハヤトウリの国際遵守証明書の取得.

筑波大学つくば機能植物イノベーション研究センター

遺伝資源・国際共同研究部門 教授 渡邉和男

3. Genetic resources in Mexico and promotion of sustainable uses.

Prof. Dr. Jorge Cadena Iñiguez,

Colegio de Postgraduados en Ciencias Agricolas, Mexico

(メキシコ農業科学大学院大学 教授 ホルヘ・カデナ・イニゲス)

※ カデナ教授の講演は、英語です。


内容:

生物多様性条約のABSに関する名古屋議定書は2010年に採択され、2014年に発効している。日本国は、今年加盟することが国会で承認された。海外での植物遺伝資源の探索調査研究や海外からの材料の入手は、多様な国際法の遵守や研究倫理上の配慮が必須の事項となっている。そのような海外での活動知見の共有と諸国での遺伝資源入手手続きについての情報交換や留意点の相互確認を目的として、筑波大学で集会する。T-PIRC

及びNBRP事業を通じて遺伝資源アクセスについての理解推進と相互の支援ができるように情報の幅広い共有をする。


【申込先】

参加者様のご所属機関、部署名、お名前を、筑波大学 生命環境系

岡田(okada.yoshihiro.gn[AT]u.tsukuba.ac.jp)までお申込みください(書式自由)。

※ メールタイトルは「第1回ABS筑波大学申込」でお願いいたします。

※ 送信時には上記アドレスの[AT]部分を@に変更してください。

最新記事

すべて表示

JASTE32の優秀発表賞は以下の方々に授与されることに決まりました。 この他にも多くの質の高い発表があり、発表者全員に感謝を申し上げます。 JASTE office has selected the following three presentations as Best Presentation Award at JASTE32. We had many other excellent p

① 助成対象 ・主にアジア・太平洋地域の途上国における野生動植物の保護や生態系の保全に貢献する調査研究を助成します。 ・対象者:40歳未満で前述の地域・国に国籍を持ち、現在対象国内の大学・研究機関で研究に従事し、相応の研究業績を持つ研究者(プロジェクト・サイエンティスト:PS)。 ・調査研究は、日本の大学・研究機関等に所属経験を持つ研究者で、プロジェクトを通じてPSの研究を指導・支援し、PS

公益信託四方(しかた)記念地球環境保全研究助成基金 ①助成の対象: 1) 熱帯雨林の減少、砂漠化の進行等の地球規模の自然環境問題に関する調査・研究 2) 絶滅のおそれのある生物等の生態及びその保護・回復に関する調査・研究 3) 人間の生活と両立する自然環境、野生生物等の管理手法に関する調査・研究 ②助成内容:4件程度、助成総額200万円程度 ③応募締切:2022年6月3日(金)当日消印有効 ④申込