第1回 ABSに関わる名古屋議定書説明会

第1回 ABSに関わる名古屋議定書説明会

~ 今後の大学での管理のあり方とメキシコ遺伝資源取得対応事例 ~


主催:筑波大学 つくば機能植物イノベーション研究センター(T-PIRC)

遺伝資源・国際共同研究部門

共催:国立遺伝学研究所 ABS学術対策チーム


日時:2017年6月19日(月曜日)14:00-16:00


会場:筑波大学 筑波キャンパス 生物農林学系G棟501  (地図参照)


プログラム:(敬称略)

1. 今後の大学での管理のあり方の概要

国立遺伝学研究所 ABS学術対策チーム 鈴木睦昭

2. メキシコからのハヤトウリの国際遵守証明書の取得.

筑波大学つくば機能植物イノベーション研究センター

遺伝資源・国際共同研究部門 教授 渡邉和男

3. Genetic resources in Mexico and promotion of sustainable uses.

Prof. Dr. Jorge Cadena Iñiguez,

Colegio de Postgraduados en Ciencias Agricolas, Mexico

(メキシコ農業科学大学院大学 教授 ホルヘ・カデナ・イニゲス)

※ カデナ教授の講演は、英語です。


内容:

生物多様性条約のABSに関する名古屋議定書は2010年に採択され、2014年に発効している。日本国は、今年加盟することが国会で承認された。海外での植物遺伝資源の探索調査研究や海外からの材料の入手は、多様な国際法の遵守や研究倫理上の配慮が必須の事項となっている。そのような海外での活動知見の共有と諸国での遺伝資源入手手続きについての情報交換や留意点の相互確認を目的として、筑波大学で集会する。T-PIRC

及びNBRP事業を通じて遺伝資源アクセスについての理解推進と相互の支援ができるように情報の幅広い共有をする。


【申込先】

参加者様のご所属機関、部署名、お名前を、筑波大学 生命環境系

岡田(okada.yoshihiro.gn[AT]u.tsukuba.ac.jp)までお申込みください(書式自由)。

※ メールタイトルは「第1回ABS筑波大学申込」でお願いいたします。

※ 送信時には上記アドレスの[AT]部分を@に変更してください。

最新記事

すべて表示

国際セミナー「森林による防災・減災の可能性をさぐる」(2021年1月27日、会場&オンライン)

森林による自然災害リスクの低減(Forest Disaster Risk Reduction, F-DRR)の戦略・実践の国際的動向について情報を提供し、具体的な政策、技術及び課題について議論する国際セミナーが開催されます(主催:森林総合研究所)。 多くの方のご参加をお待ちしております。 リンク(外部サイト)よりお申込みください。 (https://forms.gle/d8wVynedjtW5hy

第25回吉良賞受賞候補者推薦のお願い/ Call for submissions: the 25th Kira Award 2021

第25回吉良賞受賞候補者推薦のお願い 現在、吉良賞受賞候補者の推薦を受け付けております。 良い方がおられましたら、推薦をご検討いただけますようお願い申し上げます。 ご推薦におかれましては、2021年2月末日までに下記(1)~(3)の書類を学会事務局宛お送りください(メールによるご送付も受け付けております)。 (1) 受賞候補者氏名、所属機関、及び略歴(奨励賞の場合は論文題目を加える) (2) 関係

第25回吉良賞受賞候補者推薦のお願い(自薦も可)

現在、吉良賞受賞候補者の推薦を受け付けております。良い方がおられましたら、推薦をご検討いただけますようお願い申し上げます(外国人会員の推薦も可能です)。ご推薦におかれましては、2021年2月末日までに下記(1)~(3)の書類を学会事務局宛お送りください(メールによるご送付も受け付けております)。 (1) 受賞候補者氏名、所属機関、及び略歴(奨励賞の場合は論文題目を加える) (2) 関係資料2部(印

© 2018 The Japan Society of Tropical Ecology