第4回生物多様性日本アワード授賞式のご案内

第4回生物多様性日本アワード 授賞式のご案内


2015年10月20日、国連大学において、イオン環境財団主催 第4回「生物多様性 日本アワード」の授賞式を下記のとおり開催いたします。本アワードは、生物多様性の保全と持続可能な利用の推進を目的として2009年に創設されました。生物多様性に関する顕著な貢献が認められ、今後も発展的影響をもたらすことが期待される日本国内在住の団体・個人による取組・研究開発を顕彰するもので、今回で第4回目の開催となります。授賞式では、様々な視点から生物多様性のテーマに取り組んでこられた受賞プロジェクトについてご紹介いたしますので、ぜひご参加ください。

 

●お申し込みはこちらから 

⇒イオン環境財団ホームページ  http://www.aeon.info/ef

The MIDORI Press (アワード公式サイト)http://www.midoripress-aeon.net/jp/index.html

※定員になり次第、締切とさせていただきます。



1.日  時  2015年10月20日(火) (13:30~受付開始)

          14:00     授賞式

                        主催者挨拶 理事長 岡田 卓也

          15:00~16:00    受賞者プレゼンテーション 5団体

          16:00~16:45   記念講演 

                        東京農業大学 長島 孝行教授

                        「生物多様性に学ぶものづくり インセントテクノロジー」

2.会  場   国際連合大学3階  「ウ・タント国際会議場」

                        東京都渋谷区神宮前5-53-70

3.受賞団体 第4回「生物多様性 日本アワード」優秀賞(都道府県順)

 ◆ エゾシカの先進的な資源的活用促進事業(一般社団法人エゾシカ協会)

 ◆ 大谷ハチドリ計画(Ohya Hummingbird Project)(気仙沼市立大谷中学校)

 ◆「お茶で琵琶湖を美しく・お茶で日本を美しく」プロジェクトを通じた生物多様性保全の取り組み

(株式会社伊藤園)

 ◆ 市民力を結集してドブ川を多様な生き物がすむ「ふるさとの川」に再生・復活

(NPO法人グラウンドワーク三島)

 ◆ 水辺環境の保全・再生の実践と地域活性化(九州の川の応援団/九州大学島谷研究室)

最新記事

すべて表示

ニューズレター122号公開

JASTE30 Onlineの開催報告 保坂哲朗 JASTE31のお知らせ 書評 ラップランドの自然と人―リンネのフィールドノートから 小坂康之 書評 木本植物の生理生態 山田俊弘 https://www.jaste.website/nl

国際セミナー「森林による防災・減災の可能性をさぐる」(2021年1月27日、会場&オンライン)

森林による自然災害リスクの低減(Forest Disaster Risk Reduction, F-DRR)の戦略・実践の国際的動向について情報を提供し、具体的な政策、技術及び課題について議論する国際セミナーが開催されます(主催:森林総合研究所)。 多くの方のご参加をお待ちしております。 リンク(外部サイト)よりお申込みください。 (https://forms.gle/d8wVynedjtW5hy

第25回吉良賞受賞候補者推薦のお願い/ Call for submissions: the 25th Kira Award 2021

第25回吉良賞受賞候補者推薦のお願い 現在、吉良賞受賞候補者の推薦を受け付けております。 良い方がおられましたら、推薦をご検討いただけますようお願い申し上げます。 ご推薦におかれましては、2021年2月末日までに下記(1)~(3)の書類を学会事務局宛お送りください(メールによるご送付も受け付けております)。 (1) 受賞候補者氏名、所属機関、及び略歴(奨励賞の場合は論文題目を加える) (2) 関係

© 2018 The Japan Society of Tropical Ecology