「生物多様性条約の主流化:愛知目標とSDGsの達成に向けて」のお知らせ

上智大学地球環境学研究科では、クリスティアナ・パスカ・パルマ―国連生物多様性条約事務局長の来日にあわせ、「生物多様性条約の主流化:愛知目標とSDGsの達成に向けて」と題したシンポジウムを開催いたします。

参加お申込みは、下記のウェブサイトからお願いいたします。

皆様のご来場を心よりお待ちしています。


開催趣旨:生物多様性の保全に関する2020年の愛知目標と2030年のSDGs(国連持続可能な開発目標)を達成するためには、あらゆる政策決定や社会経済システムにおいて、生物多様性の保全を「主流化」することが不可欠です。今般、クリスティアナ・パスカ・パルマ―国連生物多様性条約事務局長の来日にあわせ、シンポジウムを開催し、マルチステークホルダーの協働により持続可能な発展を実現するための方策を議論します。


日時:6月21日(水)15:30-17:50

会場:上智大学四谷キャンパス ソフィアタワー(6号館)101教室

主催:上智大学地球環境学研究科・地球環境研究所

協力:上智大学国際協力人材育成センター

後援:環境省他(予定)


プログラム:

 開会挨拶:髙祖敏明 上智学院理事長

 主催者挨拶:柴田晋吾 上智大学地球環境学研究科委員長

 基調講演:クリスティアナ・パスカ・パルマ―氏 国連生物多様性条約事務局長

 事例報告:奥田直久氏 環境省自然環境局自然環境計画課長

 休憩

 パネルディスカッション(司会:あん・まくどなるど 上智大学地球環境学研究

科教授)

     クリスティアナ・パスカ・パルマ―氏 国連生物多様性条約事務局長

     奥田直久氏 環境省自然環境局自然環境計画課長

     足立直樹氏 企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB) 事務局長

     榎本雅仁氏 独立行政法人国際協力機構(JICA)上級審議役

     アゴスティーニ・シルバン氏 筑波大学下田臨海実験センター助教

 閉会挨拶:曄道佳明 上智大学学長

 (総合司会:岡崎雄太 上智大学地球環境学研究科准教授)


ご案内:

http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/event/2017/6/event_2548/20170621

参加申込み:https://eipo.jp/sophia/seminars/view/7739

お問い合わせ:上智大学地球環境学研究科 jimu@genv.sophia.ac.jp

 ※日英同時通訳あり。通訳レシーバーは、申込み受付先着順にてご用意。

最新記事

すべて表示

JASTE32の優秀発表賞は以下の方々に授与されることに決まりました。 この他にも多くの質の高い発表があり、発表者全員に感謝を申し上げます。 JASTE office has selected the following three presentations as Best Presentation Award at JASTE32. We had many other excellent p

① 助成対象 ・主にアジア・太平洋地域の途上国における野生動植物の保護や生態系の保全に貢献する調査研究を助成します。 ・対象者:40歳未満で前述の地域・国に国籍を持ち、現在対象国内の大学・研究機関で研究に従事し、相応の研究業績を持つ研究者(プロジェクト・サイエンティスト:PS)。 ・調査研究は、日本の大学・研究機関等に所属経験を持つ研究者で、プロジェクトを通じてPSの研究を指導・支援し、PS

公益信託四方(しかた)記念地球環境保全研究助成基金 ①助成の対象: 1) 熱帯雨林の減少、砂漠化の進行等の地球規模の自然環境問題に関する調査・研究 2) 絶滅のおそれのある生物等の生態及びその保護・回復に関する調査・研究 3) 人間の生活と両立する自然環境、野生生物等の管理手法に関する調査・研究 ②助成内容:4件程度、助成総額200万円程度 ③応募締切:2022年6月3日(金)当日消印有効 ④申込