「生物多様性条約の主流化:愛知目標とSDGsの達成に向けて」のお知らせ

上智大学地球環境学研究科では、クリスティアナ・パスカ・パルマ―国連生物多様性条約事務局長の来日にあわせ、「生物多様性条約の主流化:愛知目標とSDGsの達成に向けて」と題したシンポジウムを開催いたします。

参加お申込みは、下記のウェブサイトからお願いいたします。

皆様のご来場を心よりお待ちしています。


開催趣旨:生物多様性の保全に関する2020年の愛知目標と2030年のSDGs(国連持続可能な開発目標)を達成するためには、あらゆる政策決定や社会経済システムにおいて、生物多様性の保全を「主流化」することが不可欠です。今般、クリスティアナ・パスカ・パルマ―国連生物多様性条約事務局長の来日にあわせ、シンポジウムを開催し、マルチステークホルダーの協働により持続可能な発展を実現するための方策を議論します。


日時:6月21日(水)15:30-17:50

会場:上智大学四谷キャンパス ソフィアタワー(6号館)101教室

主催:上智大学地球環境学研究科・地球環境研究所

協力:上智大学国際協力人材育成センター

後援:環境省他(予定)


プログラム:

 開会挨拶:髙祖敏明 上智学院理事長

 主催者挨拶:柴田晋吾 上智大学地球環境学研究科委員長

 基調講演:クリスティアナ・パスカ・パルマ―氏 国連生物多様性条約事務局長

 事例報告:奥田直久氏 環境省自然環境局自然環境計画課長

 休憩

 パネルディスカッション(司会:あん・まくどなるど 上智大学地球環境学研究

科教授)

     クリスティアナ・パスカ・パルマ―氏 国連生物多様性条約事務局長

     奥田直久氏 環境省自然環境局自然環境計画課長

     足立直樹氏 企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB) 事務局長

     榎本雅仁氏 独立行政法人国際協力機構(JICA)上級審議役

     アゴスティーニ・シルバン氏 筑波大学下田臨海実験センター助教

 閉会挨拶:曄道佳明 上智大学学長

 (総合司会:岡崎雄太 上智大学地球環境学研究科准教授)


ご案内:

http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/event/2017/6/event_2548/20170621

参加申込み:https://eipo.jp/sophia/seminars/view/7739

お問い合わせ:上智大学地球環境学研究科 jimu@genv.sophia.ac.jp

 ※日英同時通訳あり。通訳レシーバーは、申込み受付先着順にてご用意。

最新記事

すべて表示

JASTE31の優秀発表賞/Best Presentation Award at JASTE31

JASTE31の優秀発表賞受賞者が決まりました Winners of the Best Presentation Award at JASTE31 JASTE31の優秀発表賞は以下の方々に授与されることに決まりました。 この他にも多くの質の高い発表があり、発表者全員に感謝を申し上げます。 JASTE office has selected the following three presentat

公募情報(九州大学熱帯農学研究センター 国際開発部門 教授)

1.選考方針 九州大学熱帯農学研究センターは、学内共同教育研究施設の一つで、熱帯農業に関する研究・教育・国際協力を行うことを目的に、熱帯作物・環境部門、地水・環境保全部門、国際開発部門の3部門で活動しています。このたび、教授の公募を行う国際開発部門では、熱帯地域における国際農林業・農村開発、森林環境・地球環境の保全に関する研究を行い、大学院地球社会統合科学府の修士課程と博士後期課程の教育に参画する

京都大学東南アジア地域研究研究所の環境共生研究部門准教授の公募

京都大学(東南アジア地域研究研究所)では、下記のとおり、教員(准教授)を公募いたします。 職種:准教授 募集人員:1名 勤務場所:京都大学東南アジア地域研究研究所 環境共生研究部門(所在地:京都市左京区吉田下阿達町46) 職務内容:東南アジア地域研究研究所の研究ミッションの遂行に責任を持ってあたっていただきます。 応募資格: 1) 博士の学位を取得している女性(※)。 2)令和4年3月31日時点で