「林産物を活用した新規ビジネスの可能性」セミナー

最終更新: 2018年12月13日

「林産物を活用した新規ビジネスの可能性」セミナー(主催:国際緑化推進センター)


3月11日(金)開催の林産物を活用したビジネス事業に関するセミナーのお知らせです。


【森林の価値向上にむけて】

途上国では、大規模な農地転用や土地開発によって森林減少・劣化が進行しています。森林保全やその持続的利用のためには、森林そのものの経済価値を高めることが重要であり、新たな有用資源の発掘、需要の開拓、市場へのアクセスの確保、加工等を通じた林産物の付加化価値の向上など、民間企業のビジネス活動を通した技術・資金の投入が求められます。


【ビジネスモデルの提案】

そこで、国際緑化推進センターでは、林野庁補助事業 途上国持続可能な森林経営推進事業において、民間企業と共同し途上国にある林産物を用いたビジネスモデルの構築・提案を行ってまいりました。


本セミナーでは、そのうち3産品のビジネスモデルを紹介します。また、パネルディスカッションでは、林産物を用いたビジネスを実施・検討している企業をお招きし、ビジネス化の要件や課題について整理しビジネス化に向けた情報共有の場を設けます。


ご興味をお持ちの皆様のご参加をお待ちしております。


日時:平成28年3月11日(金) 14:00~16:30

場所:ベルサール飯田橋駅前 Room1 (http://www.bellesalle.co.jp/room/bs_iidabashi/access.html)

詳細:http://www.jifpro.or.jp/News/H27_ForestProductsWorkshop.html.html

申込:https://business.form-mailer.jp/fms/18e9d42052842

協力:森から世界を変えるREDD+プラットフォーム


最新記事

すべて表示

【業務委託先の公募】森林再生技術開発に係る調査業務:国際緑化推進センター

国際緑化推進センター(JIFPRO)では、林野庁の補助事業にて、標記の業務委託を公募します。詳細は以下のURL及び下記をご覧下さい。 https://jifpro.or.jp/public_offering/5152/ ---------- 令和3年度 途上国森林再生技術普及事業 森林再生技術開発に係る調査業務 業務委託先の公募 1.背景・目的 森林の減少及び劣化に由来する排出量が全世界の排出総量

JASTE31広島大会のオンライン開催

現地参加とオンライン参加の両方が可能な「ハイブリッド大会」として予定しておりました、第31回日本熱帯生態学会年次大会(JASTE31広島大会 6月26-27日)につきまして、現在の新型コロナウイルス感染症の再拡大と首都圏・関西圏における緊急事態宣言の発令を勘案して、広島での現地開催を中止とし、完全オンライン大会として開催することに決定いたしました。 オンライン大会となりましても、予定しておりました