平成30年度 途上国森林再生技術普及事業 業務委託先の公募

更新日:2018年12月11日

平成30年度 途上国森林再生技術普及事業 森林再生技術開発に係る調査業務

業務委託先の公募


国際緑化推進センター(JIFPRO)では、林野庁の補助事業にて、以下の業務委託を公募します。


1.背景・目的

森林の減少及び劣化に由来する排出量が全世界の排出総量の約1割を占めていること、森林の造成等を除き人為的に温室効果ガスを大量に吸収する技術が確立されていないことから、排出と吸収を均衡させるためには、森林の減少や劣化を大幅に抑制するとともに、森林の大規模な再生が必要不可欠です。

本委託業務では、途上国の劣化が進んだ森林や開発後に放棄され荒廃した土地等において、効果的な森林の再生に大きく貢献すると見込まれる技術を民間企業・団体・大学等から公募します。また、技術を提案した者に対し、途上国における森林再生技術の開発及び普及のために、実証試験を通した調査業務を委託します。


2.業務内容

途上国における効果的な森林の再生に大きく貢献すると見込まれる技術のうち、現場適用性の観点から現地での実証試験が必要とされるものを提案して頂き、実際に、当該途上国において実証試験を実施し、その結果をもって提案技術の確立及び普及をして頂きます。


3.関連リンク

森林再生テクニカルノート

https://jifpro.or.jp/tpps/


4.締め切り日

平成30年6月12日17時(必着)


5.お問い合わせ・提出先

業務内容に関するお問い合わせ、ならびに応募書類の提出は下記までお願いいたします。

なお、提案書の提出はメールでは受付かねますのでご注意ください。

〒112-0004 東京都文京区後楽1-7-12 林友ビル3F

公益財団法人 国際緑化推進センター (担当:仲摩・柴崎)

電話:03-5689-3450 / E-mail: eiichiro@jifpro.or.jp



最新記事

すべて表示

公益信託四方(しかた)記念地球環境保全研究助成基金 ①助成の対象: 1) 熱帯雨林の減少、砂漠化の進行等の地球規模の自然環境問題に関する調査・研究 2) 絶滅のおそれのある生物等の生態及びその保護・回復に関する調査・研究 3) 人間の生活と両立する自然環境、野生生物等の管理手法に関する調査・研究 ②助成内容:4件程度、助成総額200万円程度 ③応募締切:2022年6月3日(金)当日消印有効 ④申込

九州大学では標記の研究者を公募しています(2022年4月6日~5月31日)。 1. 職:助教 2. 人数:1名 3. 所属:九州大学 大学院農学研究院 環境農学部門 森林環境科学講座 森林計画学研究分野 4. 応募締切日:令和4年5月31日(火)必着 5. 採用予定日:令和4年10月1日以降の可能な限り早い時期 6. 詳細が掲載されているURL:https://

このたび、JASTE若手会員により構成される「若手イノベーション委員会」のウェブサイトを設立しました。今後は本ウェブサイトを中心として、若手会員の交流、本学会の活性化につながるような事業を企画、実行したいと考えておりますので、ご支援のほどよろしくお願い致します。今後、オンライン交流会の開催や写真コンテンツの共有ページの作成などを企画しています。 https://jastewakateinnovat