地球惑星科学連合大会2016連携セッション

地球惑星科学連合大会2016(千葉県幕張メッセ)でおこなわれる連携セッションプログラム「沿岸海洋生態系─2.サンゴ礁・海草藻場・マングローブ」の紹介


5月24日PM1:https://confit.atlas.jp/guide/event/jpgu2016/session/ACG15_24PM1/tables

5月24日PM2:https://confit.atlas.jp/guide/event/jpgu2016/session/ACG15_24PM2/tables

5月24日ポスターセッション:https://confit.atlas.jp/guide/event/jpgu2016/session/ACG15_24PO1/tables

トップページ: https://confit.atlas.jp/guide/event/jpgu2016/top


上記URLからプログラムをご覧になれますが、以下にプログラムを示します。

------------------------------------------------------------------------------

*講演者

13:45-14:00

[ACG15-01] 琉球列島におけるマングローブの構造と生産力から推察される緯度の効果(招待講演)

*諏訪 錬平


14:00-14:15

[ACG15-02] 人間活動の影響を受けた河口浅海域における大気中CO2の吸収に関する現地観測と生態系モデリング

*桑江 朝比呂、神田 穣太、久保 篤史、中島 典之、小川 浩史、相馬 明郎、鈴村昌弘


14:15-14:30

[ACG15-03] 日本の浅海域における海水中CO2分圧に係る現地観測とパス解析

*田多 一史、所 立樹、渡辺 謙太、山本 将史、中山 恵介、桑江 朝比呂


14:45-15:00

[ACG15-05] 渦相関法と間隙水鉛直プロファイルを用いたサンゴ礁海草帯堆積物

のアルカリ度フラックスの観測

*山本 将史、茅根 創、本郷 宙軌、棚谷 灯子、渡辺 謙太、桑江 朝比呂


15:00-15:15

[ACG15-06] リン酸の酸素安定同位体比を含む生物地球化学的指標を用いたフィリピン・ボリナオおよびアンダ沿岸の養殖海域における継続的な富栄養化状態の原因解明

Ferrera Charissa、宮島 利宏、San Diego-McGlone Maria Lourdes、森本 直子、梅澤 有、Herrera Eugene、土屋 匠、吉開 仁哉、灘岡 和夫、*渡邉 敦


15:30-15:45

[ACG15-07] 造礁サンゴのストレス応答(招待講演)

樋口 富彦


15:45-16:00

[ACG15-08] パラオ共和国におけるグローカル環境問題とサンゴ礁生態系

*栗原 晴子、本郷 宙軌、三村 泉美、河井 崇、渡邉 敦、Otto Evelyn、Gouezo Marine、Golbuu Yimnang


16:00-16:15

[ACG15-09] Numerical simulation of typhoon events in Sekisei Lagoon,

Okinawa, Japan

*Lawrence Cases Bernardo、Takashi Nakamura、Atsushi Watanabe、Kazuo

Nadaoka


16:15-16:30

[ACG15-10] ツバル フォンガファレ島のサンゴ年輪に見られる混入物について

*中村 修子、荻原 成騎、細井 豪、茅根 創、山野 博哉


16:30-16:45

[ACG15-11] サンゴ礁生態系における懸濁粒子・沈降粒子の炭素・窒素安定同位体比時空間分布

*宮島 利宏、森本 直子、田中 泰章、渡邉 敦、中村 隆志、山本 高大、灘岡和夫


16:45-17:00

[Discussion]総合討論


★以下、ポスター発表

17:15-18:30(コアタイム)


[ACG15-P01] フィリピン、ボリナオにおける海草群集の多様性が魚類の群集構造に与える影響 (招待講演)

*田中 義幸、頼末 武史、本多 健太郎、中村 洋平、宮島 利宏、ゴ ゲイ、ジェノヴィア トム、パンタラーノ アリーン、パシエンシア フランシスコ、ウイ ウィルフレッド、フォルテス ミゲル、タモンドン アイン、ブランコ アリエル、灘岡 和夫、仲岡 雅裕


[ACG15-P02] サイズ分画と同位体分析による海草場堆積物の有機炭素貯留特性の評価

*渡辺 謙太、棚谷 灯子、門谷 茂、桑江 朝比呂


[ACG15-P03] 沿岸域における陸源物質動態:水、DIC、POM安定同位体比による評価

*森本 直子、梅澤 有、渡邉 敦、McGlone Maria Lourdes San Diego、Ferrera Charissa M.、Regino Genevieve L.、灘岡 和夫、宮島 利宏


[ACG15-P04] パラオ堡礁サンゴ礁ラグーンにおける窒素循環

*梅澤 有、宮島 利宏、茅根 創、秦 浩司、小池 勲夫


[ACG15-P05] 西表島網取湾における塊状サンゴ分布と波高、土粒子量、水深との関係

*下川 信也、河野 裕美、村上 智一、水谷 晃、柴山 拓実、山本 結子、鵜飼 亮行、中瀬 浩太


[ACG15-P06] 西表島網取湾および崎山湾における造礁サンゴ分布に関わる土粒子特性について

*柴山 拓実、下川 信也、河野 裕美、鵜飼 亮行、水谷 晃、中瀬 浩太、村上 智一


最新記事

すべて表示

JASTE31の優秀発表賞/Best Presentation Award at JASTE31

JASTE31の優秀発表賞受賞者が決まりました Winners of the Best Presentation Award at JASTE31 JASTE31の優秀発表賞は以下の方々に授与されることに決まりました。 この他にも多くの質の高い発表があり、発表者全員に感謝を申し上げます。 JASTE office has selected the following three presentat

公募情報(九州大学熱帯農学研究センター 国際開発部門 教授)

1.選考方針 九州大学熱帯農学研究センターは、学内共同教育研究施設の一つで、熱帯農業に関する研究・教育・国際協力を行うことを目的に、熱帯作物・環境部門、地水・環境保全部門、国際開発部門の3部門で活動しています。このたび、教授の公募を行う国際開発部門では、熱帯地域における国際農林業・農村開発、森林環境・地球環境の保全に関する研究を行い、大学院地球社会統合科学府の修士課程と博士後期課程の教育に参画する

京都大学東南アジア地域研究研究所の環境共生研究部門准教授の公募

京都大学(東南アジア地域研究研究所)では、下記のとおり、教員(准教授)を公募いたします。 職種:准教授 募集人員:1名 勤務場所:京都大学東南アジア地域研究研究所 環境共生研究部門(所在地:京都市左京区吉田下阿達町46) 職務内容:東南アジア地域研究研究所の研究ミッションの遂行に責任を持ってあたっていただきます。 応募資格: 1) 博士の学位を取得している女性(※)。 2)令和4年3月31日時点で