図書の紹介 「奄美群島の生物多様性-研究最前線からの報告-」

最終更新: 2018年12月14日

新刊図書の紹介


「奄美群島の生物多様性-研究最前線からの報告-」 

鹿児島大学生物多様性研究会(編) 南方新社 発行


“世界が注目する奄美の生物多様性を、最前線に立つ鹿児島大学の研究者が成果をまとめる。森

林生態、河川植物群落、アリ、陸産貝、干潟底生生物、貝類、陸水産エビとカニ、リュウキュ

ウアユ、魚類、海藻……。“(本の帯より)


詳細は南方新社のWeb参照:http://www.nanpou.com/?pid=99850083

最新記事

すべて表示

公益信託四方(しかた)記念地球環境保全研究助成基金のお知らせ(5/14締切)

①助成の対象: 1) 熱帯雨林の減少、砂漠化の進行等の地球規模の自然環境問題に関する調査・研究 2) 絶滅のおそれのある生物等の生態及びその保護・回復に関する調査・研究 3) 人間の生活と両立する自然環境、野生生物等の管理手法に関する調査・研究 ②助成内容:3件以内、助成総額150万円まで ※ ※2020年度より、助成総額を100万円増額し150万円としました。 (但し、標準的には1件当たり50万

ニューズレター122号公開

JASTE30 Onlineの開催報告 保坂哲朗 JASTE31のお知らせ 書評 ラップランドの自然と人―リンネのフィールドノートから 小坂康之 書評 木本植物の生理生態 山田俊弘 https://www.jaste.website/nl

国際セミナー「森林による防災・減災の可能性をさぐる」(2021年1月27日、会場&オンライン)

森林による自然災害リスクの低減(Forest Disaster Risk Reduction, F-DRR)の戦略・実践の国際的動向について情報を提供し、具体的な政策、技術及び課題について議論する国際セミナーが開催されます(主催:森林総合研究所)。 多くの方のご参加をお待ちしております。 リンク(外部サイト)よりお申込みください。 (https://forms.gle/d8wVynedjtW5hy

© 2018 The Japan Society of Tropical Ecology