京都大学東南アジア地域研究研究所の環境共生研究部門准教授の公募

京都大学(東南アジア地域研究研究所)では、下記のとおり、教員(准教授)を公募いたします。


職種:准教授


募集人員:1名


勤務場所:京都大学東南アジア地域研究研究所 環境共生研究部門(所在地:京都市左京区吉田下阿達町46)


職務内容:東南アジア地域研究研究所の研究ミッションの遂行に責任を持ってあたっていただきます。


応募資格:

1) 博士の学位を取得している女性(※)。

2)令和4年3月31日時点で4年制学部を卒業後20年以内あるいは6年制学部を卒業後18年以内である方。

3)日常業務に支障のない日本語運用能力を有する方。

4)自然科学をベースとした優れた研究業績を有する方。

5)自然環境の利用・保全や地域住民の健康等に関して、人文社会科学系の研究者と協働して国際共同研究を推進できる方。

6)フィールド調査の経験を有し、東南アジア又は東南アジアを比較対象としうる地域を研究対象とし、東南アジア地域研究の新たな地平の開拓に意欲的に取り組む次世代の人材が望ましい。

※京都大学は男女共同参画を推進しています。

本学における男女共同参画推進施策の一環として、「雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律(男女雇用機会均等法)」第8条の規定に基づき、女性に限定した公募を実施するものです。


任用時期:2022年4月1日またはそれ以降できるだけ早い時期


試用期間:あり(6ヶ月)


任期:任期の定めなし


勤務形態:専門業務型裁量労働制 (週38時間45分相当、1日7時間45分相当)


休日:土・日曜日、祝日、年末年始、創立記念日および夏季一斉休業日


給与等:本学支給基準に基づき、能力・経歴により決定


手当:本学支給基準に基づき支給


社会保険:文部科学省共済組合、厚生年金、雇用保険および労災保険に加入


応募書類:以下の応募書類(書式任意、英文可)をPDFにして、Subjectに「環境共生研究部門 准教授 応募」と記入し、電子メールによりご提出下さい。

1) 履歴書(写真貼付, 受賞歴等を含む, 連絡先を明記)

2) 研究業績目録

  (1)著書、(2)査読付き論文、(3)査読付き国際学会プロシーディング、(4)特許、(5)その他研究業績目録

3) 代表的な業績(著書あるいは査読付き論文)計5点

 ※それぞれに和文800字あるいは英文320 words以内の要旨を添付して下さい。

 ※代表的な業績に電子メールによる送付が困難な著書を含む場合は、封筒に「環境共生研究部門 准教授 応募」と朱書きして、追跡可能な方法で郵送してください。

4) 「職務内容」に関わるこれまでの研究要旨(和文2000字あるいは英文800 words以内)

5) 採用された場合の学際的共同研究・国際共同研究に関する計画および抱負(和文2000字あるいは英文800 words以内)

6) 外部資金の取得状況

 (資金の名称、プロジェクト名、金額(研究代表者でない場合は配分された金額)、研究期間、代表・分担の別)

7) 応募者の学識・研究について照会可能な方2名の氏名・所属・連絡先(住所・電話番号・E-mailアドレス)


応募締め切り:2021年8月24日(火)17時(必着)


選考方法:書類審査を経て2021年9月下旬から10月頃、公開セミナーや面接を実施することもあります(詳細は別途連絡します)。なお、旅費等は支給いたしません。


応募先・問い合わせ先:〒606-8501 京都市左京区吉田下阿達町46 京都大学東南アジア地域研究研究所 環境共生研究部門 准教授選考調査委員会

E-mail: 430koubo※mail2.adm.kyoto-u.ac.jp(※を@に変えてください) (注:電話による問い合わせは、お受けできません)


その他:

1) 提出していただいた書類は、採用審査にのみ使用します。

2) 応募書類はお返しいたしません。

3) 京都大学は男女共同参画を推進しています。本学における男女共同参画推進施策の一環として、「雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律(男女雇用機会均等法)」第8条の規定に基づき、女性に限定した公募を実施するものです。

4)京都大学では、すべてのキャンパスにおいて、屋内での喫煙を禁止し、屋外では、喫煙場所に指定された場所を除き、喫煙を禁止するなど、受動喫煙の防止を図っています。


公募要領は下記のウエブサイトでもご覧いただけます。

https://www.kyoto-u.ac.jp/sites/default/files/2021-06/210617_1300-8ac2d4cface8047c1d60b8c999fe6851.pdf

最新記事

すべて表示

JASTE31の優秀発表賞/Best Presentation Award at JASTE31

JASTE31の優秀発表賞受賞者が決まりました Winners of the Best Presentation Award at JASTE31 JASTE31の優秀発表賞は以下の方々に授与されることに決まりました。 この他にも多くの質の高い発表があり、発表者全員に感謝を申し上げます。 JASTE office has selected the following three presentat

公募情報(九州大学熱帯農学研究センター 国際開発部門 教授)

1.選考方針 九州大学熱帯農学研究センターは、学内共同教育研究施設の一つで、熱帯農業に関する研究・教育・国際協力を行うことを目的に、熱帯作物・環境部門、地水・環境保全部門、国際開発部門の3部門で活動しています。このたび、教授の公募を行う国際開発部門では、熱帯地域における国際農林業・農村開発、森林環境・地球環境の保全に関する研究を行い、大学院地球社会統合科学府の修士課程と博士後期課程の教育に参画する

公益財団法人長尾自然環境財団 2021年度研究者育成支援プログラム(CGFプログラム)公募案内

① 助成対象 主にアジア・太平洋地域の途上国における野生動植物の保護や生態系の保全に貢献する調査研究を助成します。対象者は40歳未満で前述の地域・国に国籍を持ち、現在対象国内の大学・研究機関で研究に従事し、相応の研究業績を持つ研究者(プロジェクト・サイエンティスト:PS)です。調査研究は、日本の大学・研究機関等に所属経験を持つ研究者で、プロジェクトを通じてPSの研究を指導・支援し、PSの所属機関等